院長自身、中学の時、膝の成長痛で野球部を途中で断念した経緯もあり、思い入れがあります。装具やリハビリで対処できるものも多々あります。また最近、超音波機器の性能がよくなったことにより、診断技術が発展してきています。レントゲンで映らないが超音波で確認できる骨折もあります(小児の足関節捻挫に多い)。当院では日立の超音波診断装置MyLabシリーズを採用しています。